自然災害と自動車保険

万が一の際に自身の車の補償をしてくれる車両保険。
任意の自動車保険の本質は被害者側への補償ですから、保険料の節約を考えた時にはまずはじめに外してしまう方の多い保険です。

 

しかし、実際事故で自身の車が故障もしくは全損扱いになった場合、生活に支障がでると言う方もいらっしゃると思います。
さらに、車両保険の補償範囲は交通事故だけではないことをご存知でしょうか?
なんと、天災による車の損傷も保険が適応される場合があるので確認しておきましょう。

 

一般的な車両保険でカバーできる天災は、豪雨・台風・竜巻の3つです。
会社によってはその他の天災にも特約を付帯することで対応してくれる場合があるので、
地震への備えや津波、噴火の危険のある地域の方は、検討してみてもいいかもしれません。

 

ニュースの映像でよく目にする、車が濁流に飲まれてしまったケースや飛んできた看板などの下敷きになって潰れてしまうケース。
多くの場合、被害に遭った車は全損扱いとなり、保険の適応がなければ新たに購入する車の代金は全額ポケットマネーです。

 

保険料の安さを優先して車両保険を削ってしまうか、
それとも多少保険料が高くなってもこうした事態に備えて車両保険に加入しておくか、
新規加入や保険の見直しの際には、自身のライフスタイルや天災のリスクなども総合的に鑑みて
慎重に検討するのが賢明です。

関連ページ

自動車保険のお得な見直しをするには年齢条件と運転者限定をする
自動車保険をお得に安く見直すには年齢条件と運転者限定をするとかなり保険料が下がります。見直しの時はぜひお試しください。
口コミで評判のいい自動車保険はどこなのか
自動車保険はたくさん種類がありどこを選んでよいのかわからないですね。そんな時は口コミ評判を利用しながら参考にしましょう。
自動車保険の口コミの利用でかしこく加入しましょう
インターネットを利用すると自動車保険の口コミがたくさん見ることができます。それをうまく利用して参考にするといいでしょう。
営業車の自動車保険 社用車や商用車・仕事の車の保険について
仕事に活躍している営業車や社用車・商用車の自動車保険についてはどういう特徴があるのか、一般の車の自動車保険とどう違のでしょうか。
代理型自動車保険とダイレクト型自動車保険の違いはどこ
自動車保険にも相場がありまして、必要以上に保険料を払っている人はたくさんいます。相場を知って、自分にあった損保会社の自動車保険を選び、節約につなげましょう。そのためには、おすすめの自動車保険の一括見積もりを利用することで解決できます。
最安の自動車保険なら通販型・ダイレクト型になるでしょう
最安の自動車保険なら通販型自動車保険やダイレクト型自動車保険になると思いますが、単に安いからという理由で選んではいけません。
契約内容の変更は重要なので注意が必要
自動車保険の契約内容の変更は重要であり、怠っていると保険がおりないこともあるので注意が必要です。
通販型自動車保険のデメリットとは担当者と顔を合わさず契約
通販型自動車保険は保険料が安く補償はしっかりしているので人気なのですが、担当者と顔合わせがないところなど慣れるまでは不安なところがデメリットです。
事故が多い高齢者は自動車保険が重要
高齢者のアクセルの踏み間違えなどニュースでよく見ますが、高齢者になるとやはり事故の確率が上がります。高齢者にとっては自動車保険は重要なのです。
女性などに必要な示談代行サービスと弁護士費用補償特約
自動車保険に示談代行サービスと弁護士費用補償特約がありまして女性や若いドライバーの場合、一人で示談交渉するには勇気いるので頼もしい特約です。
車両料率の高くなる車の種類
車両保険の価格を決める車両利率は事故や盗難が多い車が高くなります。高性能なスポーツカーなどはやはり高くなります。
おすすめの自動車保険とは
おすすめの自動車保険ってどんな保険を言うのでしょうか。保険料が安いだけでなく事故対応や補償やロードサービスなどのいろいろな角度から見ないとダメです。
通販型自動車保険の特徴
通販型自動車保険は、テレビCMなどでも毎日見ますが決して保険料の安さだけが特徴ではなく、サービスや補償内容にもメリットがたくさんあります。
安い自動車保険
安い自動車保険を選ぶには自動車保険無料一括見積もりを利用すると最大20社の見積もりがもらえるから安い損保会社を選べます。
ハイブリッド車の自動車保険
プリウスやアクアに代表されるハイブリットカーは環境に優しく今や車の主流となっています。そのハイブリットカーの自動車保険は安くて割引があるのでお得です。
走り屋系の車の自動車保険
走り屋系の車の自動車保険にも相場がありまして、必要以上に保険料を払っている人はたくさんいます。走り屋系の車は普通の車に比べて事故率が高いので保険料は高くなりますが、それでも相場がありやすく入る方法はあります。
軽自動車の自動車保険
維持費の安さで販売好調な軽自動車ですが、自動車保険を高いのを選んでいたら維持費の安さも効果半減です。
女性の自動車保険の特徴
最近は女性も車の運転は当たり前になり、女性用のサービスを特化した自動車保険もあります。女性のためのサービスが充実しているので女性には便利です。
スポーツカーの自動車保険選び
スポーツカーは事故率の問題から特に車両保険が高くなるので自動車保険は高めとなります。それだけに少しで安い自動車保険に加入したいものです。
セカンドカーの自動車保険の割引
自動車保険にもセカンドカー割引があります。等級が通常6等級からはじまるのですが7等級スタートで割引率は30%なのでお得です。
自動車保険のロードサービス
自動車保険に今や当たり前となったロードサービスは、各損保会社ともとても充実しています。
自動車保険を特約で選ぶ
自動車保険を選ぶときに各社独自の特約をチェックして選ぶのも一つの手段です。通販型自動車保険は安いだけでなく特約も充実しています。
高級車の自動車保険 
高級車の自動車保険で注意しなければいけないのは車両保険です。高額な高級車になると車両保険が入れないものも結構ありますので注意が必要です。
商用車・仕事の車の自動車保険
仕事の車、商用車の自動車保険は、できる限り安く済ませたいものです。走行距離も多くなる車もありますので、多くの損保会社の見積もりが必要になりそうです。