自動車保険各社の違いと特徴

自動車保険は各社によって相違があります。

 

まず通販型自動車保険と従来通りの代理店型自動車保険ではかなりの違いがあります。
基本的に代理店を通すと中間マージンが発生ししているので保険料が高くなって当たり前なのである。

 

通販型自動車保険になると、手続きを自分でしないとダメなのですがその作業はごく簡単なことで
代理店の人と打ち合わせする時間を短縮できることもありおすすめできる。

 

自動車保険は各損保会社で大きな差があり補償もロードサービスも保険料も違ってきます。

 

保険料を何社も調べたいときは自動車保険の一括見積もりサイトを利用をおすすめします。

 

自動車保険の見積もりはズバットの自動車保険無料一括見積もりが便利!

https://www.zba.jp/

自動車保険の各社の特徴!それぞれ保険料もサービスも違います記事一覧

通販型・ダイレクト型自動車保険の先駆けとして日本に進出し、今なお根強い人気を誇るチューリッヒの自動車保険。スイスに本社を構える同社は、損保会社としての歴史も古く、多くの実績を誇る外資系大手企業です。チューリッヒは、現在主流となっているリスク細分型の自動車保険を日本で初めて採用した保険会社。その割引率は業界でもトップクラスですから、きっと納得の保険料を提示してくれますよ。また、外資系保険会社のデメリ...

リスク細分型保険が普及し、年間走行距離が保険料を大きく左右するようになりました。走行距離が短い方にとっては保険料の無駄が省けてお得になりましたが、仕事で車に乗る、通勤手段として使用している方にとっては、事故リスクが高いとみなされてしまいかえって割高になってしまうケースも少なくありません。そんな方にお勧めなのが、SBI損保の自動車保険。競合他社に比べてCMなどの露出が極端に少ないのでご存知ない方もい...

自動車保険の大きな役割は、事故を起こした際の被害者側への補償です。対人・対物補償はどこの保険会社でも手厚い補償を用意していますから、保険会社の乗換えや新規加入の際に比較材料にするには違いに乏しいと言えます。では、どこに注目して保険を比べるのがいいのでしょうか?答えは、各保険会社独自の強みを把握することにあります。そんぽ24は、代理店型保険で長年の実績のある日本興亜損保が運営するダイレクト型自動車保...

通販型・ダイレクト型自動車保険への乗り換えを躊躇っているという方の理由の一つに、外資系企業が多くいまいち信頼に欠けるという点が挙げられます。外資系だからと言ってサービス品質が著しく落ちるというわけでは決してありませんが、従来の代理店型保険に加入し、担当者と顔を合わせて保険を決めてきた加入者にとってネームバリューも日本での実績も乏しい外資系企業は、敷居が高いのも事実です。そこで人気を集めているのが、...

セゾンが展開するおとなの自動車保険は、その名の通り40代から50代のおとな世代をターゲットにしたリスク細分型保険です。40代から50代と言えば、最も事故リスクの低い年齢層。そこにターゲットを絞ることで、他社より格段に安い保険料を実現しています。ロードサービス拠点は損保ジャパンと提携しており、日本全国どこでもスピーディーかつ丁寧に対応。事故対応はもちろん24時間365日受け付けていますから、万が一の...