イーデザイン損保の自動車保険

通販型・ダイレクト型自動車保険への乗り換えを躊躇っているという方の理由の一つに、
外資系企業が多くいまいち信頼に欠けるという点が挙げられます。

 

外資系だからと言ってサービス品質が著しく落ちるというわけでは決してありませんが、
従来の代理店型保険に加入し、担当者と顔を合わせて保険を決めてきた加入者にとって
ネームバリューも日本での実績も乏しい外資系企業は、敷居が高いのも事実です。

 

そこで人気を集めているのが、日本の大手保険会社・東京海上グループが手掛ける通販型自動車保険のイーデザイン損保。
様々な自動車保険ランキングで軒並み首位を獲得し、確実に実績を挙げている保険です。
イーデザイン損保の料金設定の特徴の一つに、若年層ドライバーの保険料の安さが挙げられます。

 

事故リスクが高いとみなされどうしても保険料が割高になりがちな世代ですが、
逆にいえば一番自動車保険の需要の高い年齢層とも言えるわけです。

 

従来の保険の枠にとらわれず柔軟に保険を選択する傾向の強い世代でもありますから、
ダイレクト型自動車保険としては最も獲得したい世代に絶大な支持を受ける保険会社ではないでしょうか。
老舗保険会社が手掛ける保険とあって、ロードサービスや万が一に際のサポートも充実。
口コミでも高い評価を得ています。
ネット割引も充実していますから、加入・更新の際は公式サイトをご活用ください。

関連ページ

チューリッヒ自動車保険はっ外資系の先駆け
チューリッヒ自動車保険
SBI損保の自動車保険
SBI損保の自動車保険は、保険料が安いことでも有名ですが、顧客満足度の非常に高く、ロードサービスの充実も特徴です。
そんぽ24の自動車保険
そんぽ24の自動車保険の最大の特徴は充実したロードサービスです。長年の実績のある日本興亜損保が運営するダイレクト型自動車保険であるので安心です。
セゾンのおとなの自動車保険
セゾンが展開するおとなの自動車保険は40代から50代をターゲットにした自動車保険で事故率に低い年齢を特徴にして保険料を安く設定しています。